MONIMAL







モニマル よくある質問
犬猫の似顔絵・オリジナルペットグッズ作成

 よくある質問

メールについての質問

Q:注文後にメールが届きません。

ご注文後に自動メールがすぐに届きます。その後、”写真添付について”のメールを送りしておりますが24時間以内(土日祝日除く)に届かない場合は迷惑メールフォルダか受信設定により特定メールが受信できない状態になっている可能性がござますのでご確認をお願い致します。確認後にどうしても届かない場合は、まずはモニマルへメールをお送り下さい。それでも届かない場合、メールアドレスをご変更して再度、モニマルへメールをお送り下さい。

登録しましたメールアドレスをお間違いになっている場合やご注文が完了していない場合もございますので確認させて頂きます。

Q:返信メールは何日で届きますか?

なるべく24時間以内(土日祝日除く)に返信をしておりますが都合により遅れる場合もございます。2日経っても返信がない場合は登録しましたメールアドレスにお間違いがございます。メールフォームへ記入するメールアドレスは、しっかりとお確かめ下さい。
メール送信後に自動メールが届きます。届かない場合は間違ったメールアドレスの記入をしているか上の質問をご覧下さい。

ご注文についての質問

Q:メールで直接の注文できますか?

かいものかごのシステムがわからない場合はメールにてお伺い致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

Q:注文後は、どのくらいで届きますか?

・デザインの完成まで
流れとしてはご注文完了後、お支払いの確認ができましたらデザインに入らせて頂きますがデザインの作成日数は土日祝日を除きまして早ければ1日、平均3日ほどです。注文が混み合っている場合は似顔絵の作成に1週間ほどお時間を頂いております。修正がない場合で順調にやり取りが進めば早い方でデータのみなら1日でお渡し可能です。

・オリジナルグッズのお届けまで
デザインの完成後、お客様にご確認をして頂き許可が取れましたらすぐに入稿に入らせて頂きますが修正などがある場合は、その分完成まで日数が伸びます。そのため発送までの日数は、やり取り次第となります。入稿しますと発送までにプリント作業が土日祝日を除きまして3日〜6日ほどかかります。発送から到着までは、1〜2日ほどかかります。修正がない場合で順調にやり取りが進めば早い方で1週間ほどで発送が可能です。

お客様によって完成日数が異なりますがお届け日に希望がある場合、余裕を持って約2週間前後の注文がおすすめです。データのみであれば比較的すぐにお届け可能です。グッズの在庫状況にも左右されますのでお急ぎの場合、1度ご相談下さい。

Q:デザインしたイラスト、似顔絵のデータを頂けますか?

作成代金にデータ代が含まれておりますのでデータのみご注文の場合はメール送信します。オリジナルグッズを作成したい場合は、プリントアイテムをオプションで追加ご注文下さい。


Q:同じデザインでカラーのみ別で注文する場合の料金は?

同じ似顔絵のデザインでしたら別カラーをご注文でも、別途料金はいただきません!カラーのみ異なるデザインをご注文する場合はデザイン代は×1となります。プリントしたいアイテムのみ数をご指定してご注文下さい。


Q:プレゼントしたいので送り先は別にできますか?

送り先は別にすることが可能ですが送料はご負担下さい。


Q:プレゼント用にラッピングしてもらえますか?

プラス料金でプレゼント用にラッピング袋をご購入下さい。同梱のみでラッピングはお客様ご自身でお願い致します。プレゼント&ギフトについて

Q合計17,000円以上で送り先が別々でも送料無料ですか?

1つの送り先ごとの合計金額が17,000円以上で送料無料になります。

Q注文後、キャンセルできますか?

ご注文のデザインはお支払い後に開始します。ご注文後にクレジット以外でお支払いの場合、支払いが完了していなければキャンセル可能です。お支払い済みの場合は、基本的にキャンセルはできませんが写真をお送り頂いてない場合、デザインをまだ開始していない場合はキャンセルも場合によって可能です。デザインに入っている、デザインが完成した後にキャンセルする場合は作業料金としてキャンセル料が発生致しますのでご了承下さい。キャンセルについて

プリントグッズについての質問

Q:似顔絵のデータだけ作成して他店でプリントできますか?

作成した似顔絵のデータはモニマルに著作権があるためこちらでの管理になりますが似顔絵作成のみモニマルで承りプリントを他社様で依頼することも可能でございます。似顔絵作成代+プリントアイテム代+代行手数料の合計価格+送料になります。大ロットの場合は値引きか、まとめての価格にもなりますのでまずは、お問い合わせ下さい。プリント方式によっては承れない場合もございます。
リクエストプリントアイテムの入稿代行注文について


Q:プリントできるグッズは他にありますか?

モニマルのホームページにてご用意しているプリントグッズの他にもご要望があれば対応させて頂きます。もちろん他社様のプリントアイテムでも可能ですので代行させて頂きます。ショップのノベルティ、引き出物など作成の場合には、モニマルではアイテムが限られてしまいますのでプリントアイテムのみご希望のものを、探されてもおすすめです。まずは、お気軽にご相談下さい。
リクエストプリントアイテムの入稿代行注文について


Q:プリントグッズは他にカラーはありますか?

基本、無地商品はホワイトカラーもしくは生成りカラーになります。濃色アイテムへのプリントはインクッジェットプリント、昇華プリントのため下地に白が入り、イメージと異なってしまいますため、あまりおすすめできません。Tシャツ、べビーロンパースなどモニマルでないカラーもご用意できる場合がございますのでお気軽にご相談下さい。


Q:自分の持ち込みアイテムにプリントできますか?

申し訳ありませんが承っておりません。

似顔絵についての質問

Q:似顔絵は、どうやってデザインしていますか?

モニマルでいう似顔絵の定義とはグラフィック、イラスト問わずデザインしたものを指します。イラストは手描きのもの、グラフィックは写真から加工したものと思いがちですがグラフィックは画像、文字、色彩などを介して伝えるデザインの総称です。そのため写真加工やイラストもグラフィックの一部です。モニマルの似顔絵は、手作業のイラストデザインや写真加工を組み合わせたものでどちらも単体で行うデザインはなく色々な作業の組み合わせからできたグラフィックアートとなります。
対面での似顔絵作成ではなく、どこにいても写真さえあれば作成可能です。ペットや動物は人間のように、じっとしていられません。そのためイベントで対面販売を行っても写真撮影をして頂いて写真データを参考にしながらデザインを作成させて頂きます。

写真のポーズや写り方によっても作品の出来が左右されます。特に顔の向きには注意が必要です。デザインとの組み合わせですので向きによっては不自然なデザインになります。お顔を見て作成する訳ではなく写真しか情報がない中での作業ですのでモデル写真はとても重要です。基本の似顔絵は4つのタッチに分類されます。
以下の似顔絵以外は、基本の4つのタッチにデザインを加えアレンジしたものです。

キャラクタータッチ似顔絵:デジタルペンで描く(イラストレーター)
シルエットタッチ似顔絵:デジタルペンで描く(イラストレーター)
ラフタッチ似顔絵:デジタルペンで描く(イラストレーター)
リアルタッチ似顔絵:フォトショップ
そのほかの似顔絵デザイン:主にイラストレーター

例えば、ラフタッチポップアートの似顔絵部分は、完全手作業のイラストですが背景色、配置、文字はフォトショップで作成しデータ化したものです。
アメカジエンブレムの似顔絵部分は、写真から白黒の陰影を見て1色で顔とわかるようにシルエットを描きますが細かい部分、複雑な陰影、毛並みは自動化できませんので塗り絵のような完全手作業です。それにイラストレーターで文字を入れフォトショップで配置、カラーを変えて完成させます。
シルエットタッチの表現は写真加工で簡単にできるものと思われがちですが写真の陰影は光の当たり具合により一定でもなく、はっきりしていません。そのため自動化による加工ですと顔のパーツ、毛並み、柄が消えてしまうためシルエットを作るには、影を描くことが必要です。デジタルソフトを用いた完全手作業となります。
>>>写真加工アプリ、ソフトの違いについて

Q:似顔絵は、なぜデータなの?紙に描かないのですか?

似顔絵自は紙に描くことも可能ですが、あえてデータ化しています。ペットグッズをオリジナルで作成することを主体にしておりますため、色紙などに描く似顔絵屋さんではありません。もちろんデータ購入可能ですので似顔絵として飾ることもできます。
何よりもグッズ作成には、入稿データのデジタル化が必須です。作業効率化を図るために、ほとんどの作業はデジタルで行なっています。例え紙に描いても最終的には、ソフトでデジタル化し入稿しなければいけないので初めからデジタル作業を行うことで作業効率化が図れます。データの保存管理も紙での保存よりもずっと効率化されます。

そしてグラフィック表現がデジタル化により、美しく表現できることがメリットになります。モニマルのデザインは、似顔絵部分が手描きであっても総合的なデザインはグラフィックです。アナログはアナログの良さもありますので、それを生かすためにデジタルペンでは手作業で描きます。それは、紙の上で描くことと同じ表現ができていますのでデジタル上で作業することによるデザインへのデメリットはありません。大きくいうと何に描くか?ということの違いになります。

展示することだけが目的ではありませんので作業効率と美しさにこだわった結果がデジタル化となります。街中でよく描いてくれる似顔絵とは違ったテイスト・表現をすることで差別化も図っています。モニマルは、おしゃれ・スタイリッシュ・ポップがコンセプトのグラフィックアートですのでそれを伝えるために、デジタル表現が最も適しております。

Q:似顔絵は、データなので飾れないのですか?

いいえ、飾ることが可能です!
似顔絵を飾りたい場合は、ファブリックパネル、ポストカード、ポスターカレンダー、タペストリーも作成できますしデータ購入可能ですのでご自身で自由にコピーしお気に入りの額縁に入れて飾ることももちろん可能です。モニマルは、色紙や紙にこだわらず似顔絵を”絵"として飾るという概念にもこだわっておりません。実際に使えるものや活用できるもので飾ったり置いておくだけでもアート性のあるものになるようデザイン、ファッション性を重視しております。
写真から似顔絵を1つ1つ作成することによってオリジナルや特別感を実感して頂きながらもデザインの個性やこだわりを大切にしながら持っていても使いたいもの、おしゃれなものをご提案します。ライフスタイルに合うアイテムでペットの似顔絵を楽しんでいただきたいと思っています。

Q:ペットじゃなくても作成できますか?

ペットの他に動物園で撮った動物や野生の動物、人間の写真も似顔絵に致します。ペットを飼っていない方でもかわいいおしゃれな動物のオリジナルグッズが作成可能です。人間の似顔絵も定番デザインと違った似顔絵が完成します。

Q:1度作成したデザインは使えますか?

1度作成しましたデザインはFacebookにいいね!で保存が可能です。ご希望のプリントアイテムをかごに入れてご注文下さい。

Q:ペット数匹でデザインできますか?

似顔絵のデザイン代金は写真1枚でのデザイン料金です。ペットが2匹以上でも写真1枚の中に入っていればデザイン料金は×1の価格です。写真の中に写っているペットのアングルが不自然な場合は調整させて頂きますが別々の写真数枚を組み合わせて一緒にデザインする場合は写真の枚数分の価格になります。無理に写真を合成したものは不可です。似顔絵のデザインによっては1匹のみしか入らないデザインもございます。その場合は1枚の中に入っていましてもデザインに入れることができません。別々にデザインさせて頂くためデザイン料金×ペット数になりますのでご注意下さい。

【1つのデザインに数匹入れることの
できない似顔絵のデザイン】
・アメカジ全て
・パネルポップアート
・ベロッキング
・ダルマサン
・ペイントポップアート
・バタフライポップアート
・BGアート
・クラシックスタイル
・ひげマル
・ラブアニマル
・リピートフェイスパターン
・ノルディックパターン1

Q:いい表情の写真がなくても似顔絵にしてくれますか?

昔の写真しかない、プレゼントにしたいから持ってるいい写真があまりないなどの場合にも写真を参考にデフォルメして似顔絵をデザインさせて頂きます。また、片方の表情のバランスが悪い場合(片方だけ目をつぶっているなど)なども左右対称の表情でデザインすることも可能です。写真そのままの表情の似顔絵を作成希望の場合は、必ず解像度のいい表情のはっきり見える写真を必ずお送り下さい。

Q:数匹のペットを一緒にきれいに合成できますか?

2枚以上の写真にペットがバラバラに写っていても2匹以上、一緒に入れてデザインが可能です。バラバラの動きの2匹以上のペット写真を合成し似顔絵にすることができます。ペットの数に関わらず写真1枚につきデザイン料金を頂いておりますが2枚を一緒に1つのデザインに入れる場合は別々のものを組み合わせるためデザイン料金は×2となりますのでご注意下さい。

Q:ペットの体の一部が切れていますが体も描けますか?

写真に写っていない体の部分があっても、こちらで想定して描かせて頂きます。例えば、耳が写真からはみ出し切れている場合や体部分が半分切れている写真しかない場合も、きちんとバランスよく付け加えてデザインさせて頂きます。ただし、あくまで想像になってしまいますので実際のペットに近い似顔絵をぜったいにご希望する場合は、顔の一部が切れていないはっきりとした写真をおすすめします。

Q:似顔絵のデザインを変えて頂けますか?

写真からオリジナルの似顔絵を作成しますが既存のデザインは変えることができません。

Q:似顔絵のデザインはプリント前に確認できますか?

デザインの完成後に必ずご確認を頂きます。お客様にご納得頂けるまでデザインの修正におつき合いさせて頂きます。デザイン完成の了承を得ましたらグッズにプリントさせて頂きます。

Q:データはどうやって使うのですか?

出来上がったデータはメールでお送りしますので保存をお願いします。
データは全て解像度350dpi、A4サイズとA3サイズ、透過3500PX(背景がない)のいずれかをお送ります。
A4サイズ:297mm × 210mm
A3サイズ:420mm × 297mm
透過3500PX:背景に余白はなし、画像サイズの横幅は縦25.4cmに準ずる

A4サイズは家庭用インクジェットプリンターでコピーが可能です。A3サイズはご家庭にない場合、コンビニプリンターでデータを送信またはUSBメモリなどに入れてプリント可能です。A4、A3サイズのデータはコピーして、そのまま飾れるデータです。もちろん背景ありのままでも自由にオリジナルグッズを作成できます。

透過データは背景がないため、自由に画像をサイズ変更したり様々なデータに配置できます。A4、A3サイズの場合は背景とデザインが一体化しているため背景のカットや他のデザインに配置したりグッズ作成時にサイズ変更した際に背景とデザインを合わせることが難しいことがあります。
そのため、背景のない透過データは背景を自由に変更できるためオリジナルグッズ作成に向いています。個人でのグッズ作成や背景の色を変えたりポストカードや年賀状の挿絵にも自由に使用できます。pngデータですので編集ソフトは大体のものが使用可能です。

価格ついての質問

Q:似顔絵の価格がわかりません。

似顔絵のデザイン代だけでいうと6,000円〜7,000円ですが表示価格は似顔絵のデータ代6,500円が含まれており12,500〜13,500円です。2019年7月9日より価格をリニューアルしましたが実質の似顔絵作成代は据え置きで変わっていません。修正も納得いくまでご対応させて頂きます。
もしデータが必要ない場合は、6,000円〜7,000円でご購入も可能ですがリニューアル前同様にアイテムを購入し似顔絵をプリントしてお届けという形になります。

Q:データ代とは何ですか?

デザインのデータとは、似顔絵のデザインをデジテル化したものです。このデータはス,マホ、PC壁やご自由にプリントしてお使いになれますしグッズ作成も可能です。作成代に別途6500円で追加された価格表示ですので通常購入で12,500〜1,.500円です。
データ代としては商用利用できないので一般の写真スタジオでお渡しするデータ代と変わらない価格でご提供しております。(商用データは別途お問い合わせ下さい)もしデータが必要ない場合は、グッズ購入により6,000円〜7,000円でご購入可能です。

Q:データが要らないので割引き可能ですか?

はい、オリジナルグッズを作成しデータが必要のない方はデータ代6,500円を割引きします。似顔絵をカートに入れて決済画面に進むとクーポンコードを記入する欄がございます。
以下の詳細をお読みになりクーポンコードをご利用し割引を適用して下さい。
データ不要な方

Q:ソフト、アプリを使えば誰でも似顔絵は簡単にできるのに高くないですか?

→安くてもそれなりに満足するか高くても欲しいかどうかは価値観の違いです。
似顔絵アバター作成ソフトやアプリが巷には溢れています。似顔絵がどんなテイスト、デザインでもいいというのであればスマホアプリで十分と言えます。ご自身がどんなデザインがいいのか?そのデザインを外で使っていても恥ずかしくないか?
飾っていても置いておくだけでもおしゃれなのか?などセンスにこだわりがある方であれば安ければ何でもいい、デザインはこだわらず安く作れるならいいという考えには至らないかと思います。
いくら名曲でもその音楽に興味がない、美味しいと思っているものが他の人にはそう思えないのと同じでアートも好きか嫌いか好みが分かれます。良いか悪いかではなく好きか嫌いかで選ぶことそれは人それぞれの価値観で欲しいか欲しくないかが決まります。

→アプリだけでは表現できないデザインがソフトで可能ですが操作は簡単でありません。
そして、絵が上手い方でもADOBEのイラストレーターのソフトを完璧に使いこなすことにはとても時間がかかります。絵が上手いこととソフトを使いならすことは、全く別で車の運転のようにイラストレーターのソフトは機能の技術的なことを覚える他に慣れや体で覚えることが必要です。
特にイラストレーターというソフトは、線を使いこなすことが難しくペンタブなどを使ったり実際にペンで描く方が簡単です。それを更にマウスで行うことは初心者にとって、とても難しい作業になりアナログ同様、作業はデザインによっても時間が必要です。
長年身につけた技術によって作業が早くなるだけですので簡単に誰でも使いこなせるものではありません。プロのデザイナーがデザインのために使いこなすソフトとなります。

→写真加工ソフトは魔法のソフトではありません。
フォトショップのような機能が備わった操作性の簡単なスマホアプリはフォトショのいくつかの工程と機能をワンクリックで行えるようプログラミングされているのでフォトショップも一見、誰でも使えそうなソフトで簡単におしゃれな加工ができそうに思えてしまいます。配置、色付け、色変え、フィルターをかける機能はスマホアプリ同様簡単なものです。
しかし、それを駆使し使いこなせている人とそうでない人の差は歴然です。切り抜き1つにしても上手い下手がありますし色の使い方、表現にも知識が必要です。何よりも総合的な知識やデザインセンスが全体の仕上がりに影響します。
加工や操作だけで簡単にいい作品はできませんし自動で何でも行なえるソフトではありません。デザインを考え生み出すことが前提になりますし、それを組み合わせる作業が必要になります。

→あくまでもソフトは、デザインのツールの1つです。
技術、デザインの知識、センスが備わっていない場合、デザインの幅も狭く技術も乏しいので作品に必ず現れます。ソフト使用、デジタル=自動化では決してありませんし、それを使うことによって単純に作業が簡単になるというものではありません。
1番時間のかかることはデザインを生み出すことですし同じデザインを選んでもお客様に喜んで頂けるよう1人1人に合わせたバランスやデザインに仕上げるために時間をかけています。

写真についての質問

Q:写真加工とは、どんなもの?

写真加工とは、主に写真などを切り抜いたり、カラー変更やコントラスト、位置の変更をおこなえます。写真加工は切り抜く、色変更、イラストのような加工に変換するということしか思いつかないかもしれませんが、アナログで描いたイラストのデータ変更、入稿データ用に処理などもおこないますし、ペンのようにアナログイラストも描いたりできるのでイラスト作業もPC上で可能です。
高度なグラフィックデザインはソフトを利用してデザインします。また写真加工といってもフォトショップというソフトがメインですがイラストを描くといった作業を加えるとイラストレーターとの組み合わせが必須になってきます。


Q:写真加工は誰でもできるんじゃないですか?

加工は、誰にでも可能か?といえばデザインができなくても素人の方でもスマホアプリでイラストのような加工やデザインが可能な時代となりました。では、なぜプロがデザインをおこなうのでしょうか?それは、アプリではできない表現ができることとアプリだけでは、プロの作業には到底及びません。主にアプリは切り抜きと色調の加工と写真表現のアレンジのみで、それらの工程だけをプロの写真加工とは言えません。
写真加工とは一般的にアプリのような作業のみではなく、アプリではできない高度な技術でデザイン作業をおこなうものでイラスト作業や一からデザインを考える作業なども加わります。アプリのみでオリジナルのデザインなどの表現や、高レベルのものを作ることは難しくなります。
アプリとフォトショップなどで作成したプロのデザインを比較すると一見、見た目は変わらない場合でもアプリで作成したものは、クオリティの面で劣るため、あくまで自己満足レベルの使用のものになります。また、デザインの創作は、アナログのイラスト作業のほかにイラストレーター、フォトショップなど様々なグラフィックソフトを操作する技術やイラスト技術を駆使しながら作り上げていきます。

アプリで満足できるのであれば、もちろんプロの出番はございません。
では、ソフトを操作する技術は誰でも可能なのか?となりますが操作の技術レベルもセンスもデザイナー次第でもあります。アナログのみの作業でグラフィックソフトの操作ができないデザイナーもいれば数少ない優れた技術を持つデザイナーもいるのでグラフィックソフトの技術に関してはそれぞれです。
ただしアナログであればイラスト技術というものは明らかになります。またデザインは、センスや技術が作品に表れてしまいます。例え、写真を切り抜くだけでも技術がなければ高クオリティなものができませんしイラストも細かい表現は、写真加工のみで、数分で簡単にすぐに完成するものではありません。
機械なので簡単そう、写真加工なんて一発で何もしていないという間違った見解がよくされていますがアプリは、プログラミングにより本来のグラフィックソフトの操作性を最も簡単にしたものですので機能は、簡単なものしかありません。
もちろんフォトショップはアプリ以上に高い機能がありますが使いようによってはアプリ同様の出来になります。長年の技術、知識がなければデザインは、むしろアプリ以下のものになります。

ソフトでの高度なデザイン技術の取得には何年もかかりますし知識、センス自体も問われます。また絵が描ける人がグラフィックができるかというとそうとも限りません。その逆も同じです。
どちらも備えているのがプロの仕事と言えます。
アプリでの写真の色変更や、ただのありふれた加工のみで満足するのであればアプリで十分と言えます。有料デザインを利用する場合は、まずデザインが気に入るか?それを真似してでも、ご自身でデザインできるのか?が決め手になります。できない場合に、当サイトのようなサービスを利用して頂き満足のいくデザインをプロが提供させて頂きます。


Q:写真加工ソフトとアプリ何が違うの?

写真加工で切り抜きと色を自動で変更するだけで作品は仕上がりません。フォトショップで切り抜き、色調補正は自動でできても自動で行うと綺麗に仕上がりません。切り抜きは自動だとガタつきが出ますし、色はいい頃合いを見ながら調整していくことが必要です。

実際にスマホアプリ、フォトショップを使って1回のみの自動切り抜き、色調補正で作った作品は以下のようなものになります。
元写真→左からフォトショップ使用・スマホアプリ使用で作成されたものです。

元の写真元の写真 スマホアプリ使用スマホアプリ使用 フォトショップ使用フォトショップ使用
元の写真元の写真 スマホアプリ使用スマホアプリ使用 フォトショップ使用フォトショップ使用

スマホアプリはワンクリックで色変換や階調をシンプルにしてくれますが写真のままでは陰影がはっきりしないのでカラーもモノトーンも顔の表情がわからなくなってしまいました。モノトーンは、どちらもワンクリックで同じような結果になりましたがカラーの方は色が3階調なので
陰影を3色に分けするため3つの階調に分けなくてはいけません。スマホアプリはそれがワンクリックで自動化されましたが顔の表情は潰れて無くなっています。
フォトショップは、むしろワンクリックで写真からアプリのように好みの3色でイラスト化できません。写真の状態から3色になっています。まず陰影をイラスト化し色を3つに分ける作業が段階的に必要でそれも単純作業ではなく綺麗に陰影を出すためには写真そのままでは陰影の階調が光の当たり具合で一定ではありせませんので手作業で陰影を描いていく作業や影を一定に修正する作業が必要です。

こういったデザインの場合はイラレの方がむしろ向いていることもありますので一緒に使用します。スマホもフォトショップでもワンクリックでは、簡単にデザインが完成しませんし、それだけではプロの作業とは言えません。アプリは機能自体に制限や限界がありますがフォトショップはプロ専用の加工アプリですので機能が使い方次第で無限大です。
機能の使い方、センス、技術次第で美しい作品が出来上がります。それは機能のおかげではなく技術、知識を兼ね備えたデザイナーが使いこなしてこそできることです。


Q:写真をそのままプリントしたグッズも可能ですか?

写真をそのまま、切り抜いてデザインすることも可能です。それぞれ似顔絵デザインを生かし、デザインにある顔の部分のみ写真を切り抜いてデザインに配置することも可能でございます。
ご希望のデザインがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。


Q:デザイン用の写真データはなぜいいものを推奨するの

似顔絵のデザインは、アナログ、デジタル両方でおこなっております。実際に対面しモデルを見て全てデザインする訳ではありませんし例え対面販売でもペットがじっとしているとも限りません。そのため、じっくりと見てデザインできる写真が最も適しております、実際のモデルを見ている訳ではないので写真を元に作成するので写真の情報しか得られません。ペットの顔の表情や毛並みがわからなければデジタル、アナログに関わらずお客様に満足頂けるデザインができないかもしれません。
写りの悪い写真でも、もちろん描いたり加工することは可能ですが見えない部分を想定でデザインするためお客様の思うものと一致せず、その分出来上がりのクオリティも下がることも否めません。
満足のできるデザインを完成させるためにはデザインするための材料が必ず必要になってきます。そのため、ペットの表情や毛並みが伝わるデータの良い写真を推奨しております。技術がありさえすれば、イラストを描くことは可能ですが似顔絵という商品をご注文頂いておりますのでご自身のペットだとわかるイラストのデザインをお届けすることを前提にしております。


Q:プリントした写真しかなくデータで送れない場合は?

プリントした写真の場合、似顔絵が作成可能であるか1度確認する作業が必要になります。プリントアウトした写真をカメラで再撮影して頂くかスキャンしたデータをメールで送付して頂く必要がございます。ぼやけたり輪郭がはっきりしないもの遠くに映っている場合は承る事ができません。
ピントを合わせて撮影頂くかスキャンしたデータをお送り頂き、1度作成可能かご相談下さいませ。そのまま、データが使用できる場合は、ご注文をお願いいたします。メールが使えないという理由の場合は、ご注文自体を受け付けることができません。確認作業でやり取りが何度かございます。メールを必ず使用しますのでアドレスをご用意下さい。


Q:携帯の写真でもイラストにできますか?

データサイズを満たしていればイラストにします。
ただし、ぼやけていたり顔が小さく写っている写真は、似顔絵のクオリティに支障が出ますので、お受けできない場合もございます。
似顔絵作成に使用する写真についてを参考にして下さい。


Q:使える写真のデータはどんなものですか?

詳しくは似顔絵作成に使用する写真についてを参考にお願いします。


Q:写真はどんな背景でも大丈夫ですか?

どんな背景でも構いません。背景に関わらず似顔絵を作成致します。